9月10日の伊吹山(笹又〜北尾根)

0

     今日は9月13日に予定されている北尾根観察会の下見に出かけました。
    空の色や雲の動き、吹き渡る風が一体となって秋色濃くなってきた北尾根への道を歩いてみました。
     笹又から北尾根に入る分岐付近は崩れて危険な場所が整備されて歩きやすくなっていました。
     草刈りの後に咲いたコゴメグサや咲き始めたダイモンジソウが風に揺れていました。
     イブキレイジンソウやイブキトリトリカブト、ツリフネソウ、シオガマギク、白やピンクのゲンノショウコ、綿毛を付け始めたクサボタンなど秋の風情をたっぷりと演出しています。
     北尾根では木の実や草の実もたくさん見られます。花の季節とはまた違う植物の姿が見られるかと思います。
     観察会当日はススキと秋空の風景も忘れずに楽しんで下さい。

    【シデシャジン】

    【レイジンソウ】

    【アキチョウジ】

    【トリカブト】

    【ダイモンジソウ】

    【コゴメグサ】

     報告は、C−NAでした。

    4月28日の伊吹山(山頂&北尾根)

    0

       4月28日の伊吹山山頂は前日に降った雪が山肌に残り咲きかけたエンレイソウやヤマエンゴサク、タチツボスミレなどが思いがけなく雪化粧をしていました。
       木々はまだ芽吹き始めたばかりですが草花は他にニリンソウ、スミレサイシンなどが咲き、サンカヨウも小さな芽を出しています。来山者もまだ少なく物静かな早春の空気が漂っています。

      【ニリンソウ】

      【エンレイソウ】
       北尾根は雪もなくカタクリ、ハクサンハタザオ、ヤマエンゴサク、ハシリドコロなどが見られます。あと1週間もすればサンカヨウ、ルイヨウボタン、ラショウモンカズラ、ヤマブキソウなどで、にぎやかになることと思います。
       こちらは静かな山頂とは違い、バスで来た縦走の団体や笹又からの登山者も多く見られました。今年も北尾根が人気のようですが山頂のお花畑の花たちもたくさんの訪問者を迎える準備を着々と進めています。

      【ハシリドコロ】

      【カタクリ】
       報告は、C−NAでした。

      1

      calendar

      S M T W T F S
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      links

      profile

      書いた記事数:205 最後に更新した日:2011/01/02

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM