5月30日の伊吹山(五色の滝自然観察会の報告です。)

0

     良く晴れた日曜日、総勢33名の参加者が3班に分かれて滝までの約2時間をゆっくりと歩きました。

    【開会の挨拶】

    【新緑の中をトレッキング】

    【観察風景1】

    【観察風景2】
     爽やかな初夏の風と滝のミストを体いっぱいに浴びて野草や樹木に目を留めながら事前の下見と資料をもとに説明を行いながら進めました。

    【ササバギンラン】

    【タチシオデ】
     滝道はもともと危険な箇所が多く下見でコースをチェックし、先発でOさん、KENが歩道整備やロープ張りなどに当たりました。
     アップダウンに飛んだ地形と滝の景観は終点まで飽きることなく一般参加の皆さんにも楽しんで頂けたようです。

    【沢を渡る】

    【楽しい昼食のひととき】


    【ツルシロカネソウ】

    【アギスミレ】

    【オオカメノキ】

    【フタリシズカ】

    【ミズタビラコ】


     下山後は奥伊吹まで足を延ばし私有地で大事に保護されている山野草を見せて頂きました。
     皆さんのご協力で和やかなうちに無事に観察会を終えることが出来、心から感謝申し上げます。


    【コケイラン】

    【ツクバネソウ】

    【ヤグルマソウ】

    【ヤマツツジ】


     報告は、C−NA&KENでした。

    奥伊吹を歩く

    0


       姉川沿いをを上流へとさかのぼっていくと伊吹山の滋賀県側は奥伊吹スキー場で行き止まりとなります。
       谷間の残雪に長かった冬とこの地の自然の厳しさを想いました。
       雪解け水のせせらぎに春の訪れを感じながら仲間たちとスキー場をゆっくりと歩きました。


      【ミヤマキケマン】

       あっちにもこっちにもフキノトウが立っています。
       ここで採れる山菜は地元の財源となっています。
       麓の道の駅「旬採の森」には新鮮な山の幸がお手頃な価格でたくさん並んでいます。ここで買い物をするのも伊吹を訪れる楽しみの一つです。

      【フキノトウ】

      【ツクシ】

       山の岩肌にわずかに残るイワナシの花が全員の注目を集めます。

      【イワナシ】

       イワウチワはまだほとんどが蕾です。
       ネコノメソウの仲間が数種・・。
       尾根の手前で引き返し山桜を眺めながら麓まで戻り里山をのぞいてみました。満開の桜の下で当てもなくウロウロと花探しです。

      【イワウチワ】

      【ヤマネコノメソウ】

       伐採されて明るくなった杉林の下ではミヤマカタバミやユリワサビ、ハルトラノオなどが見られました。

      【ミヤマカタバミ】

      【ハルトラノオ】

      【ユリワサビ】

       土手の草むらにはヤマエンゴサク、ニリンソウ、イチリンソウ、山のヘリにはイカリソウなどなんとも無造作に咲き誇る春の花たち。
       時間を忘れて思い思いにレンズを向ける仲間たち。

      【イチリンソウ】


       午前中の会議、午後の散策と充実した一日でした。
       皆さんお疲れ様でした。

       報告は、C−NAでした。









      3月14日の伊吹山(伊吹野)

      0

        【セツブンソウ】 
         伊吹山の雪も融け始め麓にも遅い春がやってきました。
         小泉地区や大久保地区ではセツブンソウは今が満開で今日までセツブンソウ祭りが行われ多くの人出でにぎわっていました。
         伊吹の裾野は奥伊吹から岐阜県揖斐川町までと広く、里山や集落の野辺までたくさんの山野草が自生しています。


        【アズマイチゲ】

        【タチツボスミレ】

        【スハマソウ】

        【シュンラン】

        【アオイスミレ】

         これからも麓の豊かな自然が守られ、セツブンソウをはじめ貴重な野草が最善の環境で生き続けて行けるよう強く望みます。
         私たち訪問者を快く受け入れて下さる地域の皆様には心から感謝申し上げます。


         報告は、C−NAでした。

        里山も面白い

        0
          天気予報は最近あたりませんね。
          午後から雨の予報を無視して伊吹方面へ出かけました。
          目指すは米原市の里山と湿原。
          里山のママコナはどうもミヤマママコナとシコクママコナが混在しているようです。

          下草が伸びて歩きにくくコースを半分ほどにしてさっさと降りてきました。
          花曇りのお天気で所々陽が射す林の中でヤマボウシの花が爽やかに揺れていました。

          足もとにはイチヤクソウ科の小低木ウメガサソウが咲き始めています。
          丈10cmほどで下向きに咲く花は撮影に苦労します。
          時々小人になれたらと思います。カメラも軽くてミニミニサイズの一眼レフで・・と。

          湿原に移動したらすぐに入り口でトキソウが迎えてくれました。
          なんとハッチョウトンボの女の子も止まって大サービスでしたよ。


          スイランにも小さな蜂がとまっています。
          花が咲けばトンボや蜂、蝶々など小さな生き物も一緒に楽しませてくれます。

          湿原を出て醒ヶ井に足を延ばしてバイカモの様子はどうかとのぞいてみたら
          咲き始めて間もない美しいバイカモに逢うことが出来ました。
          今はまだ静かな醒ヶ井の街並みもこれからの季節たくさんの観光客でにぎわうことと思います。

           報告は、C−NAでした。

          3月10日の伊吹山

          0
            090310shunran
            【シュンラン】
             会員10名が集まって伊吹山の麓を散策しました。
             セツブンソウの種や木の芽などを観察しながら季節の動きを感じました。
            090310suhama
            【スハマソウ】
            090310yamaengo
            【ヤマエンゴサク】
             シュンラン、スハマソウ、アズマイチゲ、ヤマエンゴサクなどが見頃です。
             ニリンソウは小さな蕾をいくつもつけていました。
             スミレの中ではもっとも開花の早いアオイスミレも咲き始めました。葉の基部が巻いていて丸みを帯びた形が特徴です。
            090310aoi
            【アオイスミレ】
             他には、スズシロソウ、セントウソウ、カテンソウなども見られました。
             以上報告は、C−NAでした。
            090310azuma
            【アズマイチゲ】

            3月2日の伊吹山

            0
              090302kibana
              【キバナノアマナ】
               伊吹山は山頂にわずかな雪を残して例年の雪景色とはとは違う早春の姿です。
               麓のセツブンソウはもう種をつけはじめて入れ替わるようにスハマソウやキバナノアマナ、アズマイチゲの開花が進んでいます。
               報告はC−NAでした。
              090302suhama
              【スハマソウ】
              090303hukino

              山麓のセツブンソウ

              0
                 伊吹山麓では、例年より早くセツブンソウが咲き始めています。

                09021401
                09021402
                09021403
                09021404

                 写真報告はC−NAでした。

                1

                calendar

                S M T W T F S
                   1234
                567891011
                12131415161718
                19202122232425
                262728293031 
                << July 2020 >>

                selected entries

                categories

                archives

                recent comment

                links

                profile

                書いた記事数:205 最後に更新した日:2011/01/02

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM