8月2日の伊吹山(ボランティアガイドの報告です。)

0


     前半の午前中は小学校低学年と保育園児の女の子のお孫さん2人を連れたご夫婦を西コースにご案内しました。
    「私たちだけで良いのでしょうか、すみません」と恐縮されましたが徐々に参加者も増えて約50分をゆっくりと案内しました。
     夏休みともあって子供には花や虫の観察には伊吹山は絶好の場所です。
     まだ幼いのにガイドブックを見ながら大人の話をちゃんと聞ける姿勢にとても感心しました。
     アザミに止まる蜂の動きに興味深く見入ったり、コウゾリナの茎を触ってみたり、カワラマツバには鼻を近づけて香りを確かめたり・・・成長期の五感をフル稼働で歩いた50分はあっという間に過ぎてしまいました。
     キラキラと輝く目で「ありがとうございました」と大きな声で言われ、ガイドも思わず深々と頭を下げました。おじいちゃま、おばあちゃまの幸せそうに見守るお姿も印象的でした。
     「今日のこと、どうか良い思い出にして大人になってもまた伊吹山に来て下さいね。」
     



     後半の東コースはkenちゃんとの珍道中、うまくいったのかいかなかったのか・・・東遊歩道のピークまで時々お客様の笑いがわき起こる50分、下山後も駐車場でお客様と盛り上がっておりました。
     本日のC−NAの失態、山頂の小さな花の名前がどうしても出て来なくて(ど忘れ)「後ほど思い出します」東ピークにたどり着いた頃にやっとkenちゃんが思い出してくれました。「タニタデちゃうか??」爆笑を最後にお開きになりました。参加者の皆様大変お騒がせしました。懲りずにまたお越し下さいませ。



     報告はC−NA、写真はシャラ&KENでした。

    コメント
     心温まるガイドでしたね。子どもたちにとって、夏休みの良い思い出になったことでしょう。絵日記にも色がカラフルに使われているのかなぁ。^^
    ナヌー、ド忘れだ〜!?。
    そりゃイッシーの専売とちゃうんかいな。…ソレ.ソノ-.アノ-.ホレ- アトデ。
    • イッシー
    • 2010/08/03 9:38 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    書いた記事数:205 最後に更新した日:2011/01/02

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM