8月18日の伊吹山2

0

    【サラシナショウマ】

    【クサボタン】
     夏の主役シモツケソウに変わってトリカブトやサラシナショウマが咲き始めた伊吹山、残暑の陽射しは強いものの空はすっかり秋色で時折吹き上げる風は心地よく季節の変わり目を実感出来ました。
     西遊歩道ではサラシナショウマの群落、西のピークではオオヒナノウスツボ、山頂手前の登山道ではトリカブトが咲き始めました。

    【オオヒナノウスツボ】

    【トリカブト】
     満開のツリガネニンジンやワレモコウにススキの穂が寄り添います。
     初秋の平日にしては人出も多く午後には8合目駐車場も満車でしたが山は静かな秋の気配が漂っています。


     東遊歩道は男子会員が保護策の補修作業中。厳しい陽射しの下での力仕事に頭が下がります。お昼の休憩でしばらく談笑してお先に失礼しました。





     遊歩道は真新しいロープがしっかりと張られて草刈りもされ歩きやすくなっていました。 皆さんお疲れ様でした。

     報告は、C−NAでした。

    8月18日の伊吹山(東遊歩道の補修作業2)

    0



       本日は「伊吹山を守る会」事務局から補修資材の補給を受け、昨日に引き続き、有志7名で東遊歩道のお花畑の保護柵の補修作業を行いました。
       昨日補給を受けた資材(杭とロープ)を荷揚げして現地まで搬入、10時20分から補修作業開始。午前中は強い夏の日差しを受けての作業でしたが、午後は、時折ガスがかかり、幾分しのぎやすくなりましたが倒れている杭が多く、昨日からの作業で全員へばり気味でしたが、午後2時30分頃にようやく受け持ち区域のドリーネまでたどり着きました。
       残った作業は撤去したコンクリート杭の廃材の撤収とドリーネ付近の低木、草の刈り取りです。8月25日(水)の保全パトーロル時に有志を募って残った作業を実施する予定です。

      【保護柵の補修が終わった東遊歩道】

      【差し入れ応援のC-NAさん】
       本日も通りがかりの多くのお客さんからねぎらいの「ご苦労さん!」、「有り難う!」言葉を頂き、ボランティア保全作業の対する一般のお客さんの関心が高いことに勇気付けられました。
       また、保全作業の資金に来山者から何らかの方法で協力金を徴収することも必要との提案をして頂いたお客さんもおられました。

      【トリカブト咲く】

       報告は、KENでした。

      8月17日の伊吹山(東遊歩道の補修作業)

      0


         本日は会員9名で「伊吹山を守る会」事務局からの要請の東遊歩道のお花畑保護柵の補修作業をしました。
         倒れた杭の打ち直しと新規杭の設置、切れたロープの補修を9人が作業を分担して行いました。現地10時〜14:30まで昼食の30分以外は休憩無しで作業を実施。作業量の約60〜70%のは完了しましたが、資材(杭)切れで作業を14:30で打ち切り。
         明日の作業は米原市環境保全課からの資材補給(杭、ロープ)を受けて行うことにしました。下山後、環境保全課担当者と折衝の結果、資材の補給が可能となり、明日も引き続き補修作業を行なうことになりました。明日の作業で伊吹山もりびとの会担当区域の山頂からドリーネまでの保護柵補修は完了する予定です。
         通りががりの来山者から「ご苦労さん」、「有り難う」の言葉に元気付けられ、猛暑の中でのきつい作業でしたが参加会員無事怪我もなく、帰路につきました。

         報告はKENでした。

        (追記)

         C−NAさんからコメントとともに写真が添えられました。


        【稲沢市から伊吹山の夕景】


        8月15日の伊吹山(ボランティアガイドの報告です。)

        0
           さぁーガイドも終盤だ。…と家を出て伊吹山はと診るもそこは黒雲に被われ姿は見えず。
           今日のメンバーはクニさん、tamiさん、大津からマルさん、大垣からはりんこさんと私で五名。
           霧は料金所まで下りているがいざ出陣。スノーシェルター辺りで視界20叩M荵骸圓發海鵑陛係だからか、お盆だからか 観光バスはなくマイカ-も少ない。
           シャトルバスの到着を待って降車のお客さんと一緒にゆっくり山頂へ。
           霧雨から小降り、山頂到着と同時にどしゃ降りだ。山小屋さんのご厚意に甘え小休止。来山者は分散して山小屋に収まっているようだ。
           早目の昼食をとり天気を見計らいホランティアを断念しメンバー揃って西コースを清掃しながら引き返した。
           はっきりと頭角を表した花たちは…ツルニンジン、オオハナウド、オオヒナノウスツボ、シロヨメナ、タムラソウ、シオガマギク、コイブキアザミ…等が目についた。

          追記
           帰路 醒ヶ井に寄りクニさんの案内で、地蔵川、オウス社、イトヨ、ハリヨ、川屋、などについて(マルさん、tami、私)三人 新しい話をして頂きました(ヨカッタ!)。

             イッシー

          8月10日の伊吹山2(エコツアーガイドの報告です。)

          0
             本日降水確率50諭Just walking in the rain.
             遠路広島から来られた愛トラベル23名様には霧・雨が常態の伊吹山を雨に歩けば又楽しい事久しく体験したのではないでしょうか。
             涼しさを感じながら、露に濡れた沢山の花たちを観ながら、『こげ-なきれ-ナじゃけん』広島弁を聞きながら、西コースをゆっくり上がります。
             今日のトピックスは先客のキジが4羽5羽 三角点について話し合っていた事!!。立派な成鳥なのに親を呼ぶ声はまだ幼い、逃げもせず一本のトモエソウの十字路までツァーの全員を先導して頂けた(霧は鳥たちを大胆にする)。
             下り中コースではさすが霧雨に合羽が必要になりました。きょうはNaoさん、マルさん、私で案内させて頂きました。
             この先の千畳敷カールへも良い旅でありますように…
               イッシー


            calendar

            S M T W T F S
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            262728293031 
            << July 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:205 最後に更新した日:2011/01/02

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM