8月10日の伊吹山(ボランティアガイドの報告です。)

0
     山頂の天気は雨で時折激しく降りましたがツアーバスが7,8台と乗用車の来山者もあり、小やみになったところで西遊歩道から上がりました。
     右手に傘、DWのパンフレットを左手に持つご夫妻に声をかけました。岡山からの気ままな2人旅で時間もたっぷりとのこと。
     雨の中のガイド活動にねぎらいの言葉を下さり、90歳の現役ガイドT翁とC−NAの説明に熱心に耳を傾け花を一つ一つ興味深く観察されました。
     岡山では観光ガイドをされているとのことで一期一会の出会いの喜びを語り合いながら 、山頂では記念写真まで撮って頂いてお別れしました。ありがとうございました。
     途中霧が上がり薄陽が射すと露に光る花々がいっそう美しく輝いていました。カメラを持っていなかったことを後悔したC−NAです。
     Tさん、Fさん、kenちゃん、サムさん、ロードさん、クニさん、今日もお疲れ様でした。

     報告は、C−NAでした。

    8月9日の伊吹山(ボランティアガイドの報告です。)

    0
       濃霧望湖不可 視界40 温度19度、湿度100諭駐車率20諭
       ホトトギスが大胆に飛び交いウグイスもノリウツギの梢に姿を現し尾を振って唄う。来山者は霧で見えず涼味満点。
       ロードさん、クニさん、Hさん、タカさん、miwaさん、キャプテンさん、私の七名はたちまち開店休業本日慰安日と衆議一決、山を楽しも〜と超ゆっくり山頂を目指す。重装備でも睫毛が濡れる。ルリトラノオの濡れた花穂はクリスタルや綺麗だぞ!。西コース西斜面に待望のトモエソウが一本登場!(ホッ)。東コースではオオハナウドも開花したとか茎の産毛が光ってたろうな…。
       しかし皆さんやっばりしっかりガイドやってるやん。
       神戸から馳せ参じたキャプテンさんずーっと顔がゆるんでましたねー。

        イッシー

      8月8日の伊吹山(ボランティアガイドの報告です。)

      0





         午前中の東遊歩道は20名を越える隊列で山頂から東遊歩道へ回りました。熱心にメモを取りながら時折質問をして下さる方もありこちらもテンションが上がります。
         伊吹固有種のミヤマコアザミ、イブキフウロに関心がたかまりわずかにキバナノレンリソウが残っていたのもラッキーでした。
         午後は参加者が少なく大阪から来山された若いヤマガール、ヤマボーイのカップルをnaoさんとtamiさんとC−NAの3人でご案内。
         2人のお客様にガイド3人の大サービスにカップルは東遊歩道のピークまで辛抱強くつきあって?!下さいました。それ以上お邪魔しては・・・とそこでお別れしましたが
        「ありがとう、また来ます」とご丁寧なご挨拶と共に2人は東遊歩道へ、私たちは引き返して中央遊歩道のルリトラノオやカワラナデシコを見て下山しました。


        【ルリトラノオ】

         ボランティアガイドはまだ続きます。若いお客様や小さなお客様、1人様でもカップルでもご案内します。”伊吹山もりびとの会”の腕章と名札を見つけたらお気軽にお声をかけて下さい。
         今花は夏から秋へと移行中です。サラシナショウマやトリカブトが全山で見られるのももうすぐです。


        【サラシナショウマ】

        【ツリガネニンジン】

        【トモエソウ】

        ○本日見られた花
        アカソ、アキノキリンソウ、イタドリ、イヌトウバナ、イブキジャコウソウ、イブキトラノオ、イブキトリカブト、イブキフウロ、イワアカバナ、ウツボグサ、エゾフウロ、オオバギボウシ、オオハナウド、オトギリソウ、カワラナデシコ、カワラマツバ、キオン、キヌタソウ、キバナノカワラマツバ、キバナノレンリソウ、キリンソウ、キンバイソウ、キンミズヒキ、クガイソウ、クサフジ、クサボタン、クルマバナ、コウゾリナ、コオニユリ、サラシナショウマ、シオガマギク、シシウド、シモツケ、シモツケソウ、シュロソウ、シロツメクサ、ソバナ、ダイコンソウ、ツリガネニンジン、トモエソウ、ニセイブキゼリ、ノリウツギ、ヒメジョオン、ヒメフウロ、マルバダケブキ、ミツモトソウ、ミヤマコアザミ、メタカラコウ、ヤマアジサイ、ヤマゼリ、ヤマホタルブクロ、ヨツバヒヨドリ、ルリトラノオ、ワレモコウ

         報告は、C−NAでした。

        8月7日の伊吹山(エコツアーガイドの報告です。)

        0
           はるばる広島からお越しいただいた皆様、お疲れさまでした。高速道路が渋滞して、1時間遅れの到着でしたが、山頂での観察時間をたっぷりとって下さった添乗員さん、ありがとうございます。おかげさまで、見頃のシモツケソウ、メタカラコウ、コオニユリ等の夏の花、咲き始めたサラシナショウマ、イブキトリカブトなど初秋の花をじっくり、皆さんに見ていただくことができました。
           今夜は、昼神温泉に泊られて、明日は千畳敷カールを散策されるとのこと。ゆっくり温泉に浸かられて、疲れを癒し、明日の散策をお楽しみください。そして、また、季節を変えて、伊吹山にお越しください。今日とまた違った花が待っていますよ!



          【ツリガネニンジン】

          【イブキトリカブト】

          ○本日見られた花
          アカソ、イタドリ、イヌトウバナ、イブキジャコウソウ、イブキトラノオ、イブキトリカブト、イブキフウロ、イワアカバナ、ウツボグサ、エゾフウロ、オオバギボウシ、オトギリソウ、カワラナデシコ、カワラマツバ、キオン、キヌタソウ、キバナノカワラマツバ、キバナノレンリソウ、キリンソウ、キンバイソウ、キンミズヒキ、クガイソウ、クサフジ、クサボタン、クルマバナ、コウゾリナ、コオニユリ、サラシナショウマ、シシウド、シモツケ、シモツケソウ、シュロソウ、シロツメクサ、ダイコンソウ、ツリガネニンジン、トモエソウ、ニセイブキゼリ、ノリウツギ、ヒメジョオン、ヒメフウロ、マルバダケブキ、ミツモトソウ、ミヤマコアザミ、メタカラコウ、ヤマアジサイ、ヤマゼリ、ヤマホタルブクロ、ヨツバヒヨドリ、ルリトラノオ、ワレモコウ

           報告は、鈴鹿の翡翠でした。

          8月4日の伊吹山2(エコツアーガイドの報告です。)

          0
             東京からのクラブツーリズム38名様をFとC−NAでご案内しました。
             東京スポーツセンターの皆様お疲れ様でした。
             雨と霧の中完全フル装備で出発した西遊歩道は一つ一つの花をゆっくりと観察しながら上がりました。やはりイブキフウロとエゾフウロ、ハクサンフウロの違い、ルリトラノオとクガイソウの見分け方には関心が集まりますね。
             華やかに目立つ花ばかりでなくヨモギやスゲ、オオバコのことなどにも耳を傾けて下さってありがとうございました。
             後半は東遊歩道下山をご希望でしたので説明を控えて慎重な歩きに専念しました。
             朝の霧と雨で湿った悪路、途中ひやりとする場面もありましたが大事に至らずお約束の13時に駐車場へ降りました。たっぷりの休憩後バスの中からは山頂で見えなかった琵琶湖がお目見え。
             ご一行様は醒ヶ井バイカモ散策に向かわれました。またのお越しをお待ちしています。

             報告は、C−NAでした。


            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << August 2020 >>

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            links

            profile

            書いた記事数:205 最後に更新した日:2011/01/02

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            無料ブログ作成サービス JUGEM